HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【官民対話】製薬業界、新薬創出等加算の制度化を要望‐研開税制の恒久化も

2014年4月18日 (金)

 厚生労働省、文部科学省、経済産業省、内閣府の関係閣僚と製薬・医療機器業界の代表者が政策について意見交換する「革新的医薬品・医療機器創出のための官民対話」が14日、厚労省内で開かれた。製薬業界は、イノベーション促進の観点から、2014年度薬価制度改革で試行継続となった「新薬創出・適応外薬解消等促進加算」を次期改革で制度化することや、研究開発投資を促すための税制の恒久化などを求めた。

 日本製薬団体連合会の内藤晴夫会長は、H2ブロッカーやプロトンポンプ阻害剤、関節リウマチの生物学的製剤などによって、消化管潰瘍の手術件数や関節リウマチ患者の人工関節置換術件数の減少につながり、医療費の低減に貢献していることを紹介。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録