HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【クリングルファーマ】HGF蛋白質の実用化に挑む‐ALSと脊髄損傷に照準

2014年6月5日 (木)

岩谷社長

岩谷社長

 大阪大学発ベンチャーのクリングルファーマは、難治性神経疾患治療薬として「肝細胞増殖因子(HGF)遺伝子組み換え蛋白質」の実用化を目指す。筋萎縮性側索硬化症(ALS)や脊髄損傷など治療法がない疾患をターゲットに開発を進める計画を持ち、東北大学ではALSを対象とした第I相試験を実施中である。岩谷邦夫社長は本紙のインタビューに対し、「安全性を確認した後、ヒトでの有効性を実証し、早期に製品化にこぎつけたい」と述べた。

 HGFは、世界に先駆けて日本で発見、単離、遺伝子クローニングが行われた生体内分子で、その後、肝細胞だけでなく多種多様な臓器・細胞に対して、強力な治癒再生能力を持つことが確認されている。クリングルファーマはGMPグレードの大量生産にも成功しており、治療法のない難治性疾患の治療薬開発を目指している。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録