HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

医薬品のバーコード表示率‐調剤包装単位はアップ

2014年7月7日 (月)

 厚生労働省医政局経済課は、昨年9月末時点での医療用医薬品のバーコードの表示や利用状況を把握するために行った「医療用医薬品における情報化進捗状況調査」の結果を公表した。「調剤包装単位」「販売包装単位」「元梱包装単位」とも、表示が義務づけられている項目については、ほぼ100%の表示率だった。任意表示項目は、いずれも0~40%台を推移していたが、来年7月出荷分から義務化される調剤包装単位の内・外用薬などの商品コードは前年と比べ表示率が上がっていた。

任意項目は総じて低調に

 調剤包装単位の必須表示項目は、特定生物由来製品が100%、生物由来製品(特定生物由来製品を除く)が99・8%、注射薬が100%で、バーコード表示が徹底されていた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録