HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【循環器病研究センター】13年度の自己評価、臨床研究など9項目で「S」

2014年8月1日 (金)

 国立循環器病研究センターは7月29日、厚生労働省の独立行政法人評価委員会高度専門医療研究部会に、2013年度の自己評価を提出した。14評価項目のうち「臨床を志向した研究・開発の推進」「患者の視点に立った良質かつ安心な医療の提供」など9項目について、5段階評価で最高の「S」をつけた。次回会合で、委員の評定を加えた総合評価を行う。

 臨床を志向した研究・開発の推進では、研究所と病院等、センター内の連携強化として、ペプチドホルモンの前臨床研究等、研究所と病院の共同研究数が2009年度に比べて66・7%増の85件に増加し、中期計画を達成。企業との共同研究・開発は、精密心臓レプリカの製品化等、09年度に比べて154・4%増の145件と大幅に増えたことを踏まえ、最高評価を付けた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録