HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【中外製薬】ロシュとの契約一部変更‐早期POCで提携打診へ

2014年9月1日 (月)

 中外製薬は8月28日、包括的提携関係にあるスイスのロシュに対するグローバル製品の開発・販売権の導出に関する契約を一部変更したと発表した。従来は中外が海外提携先を求める場合にロシュを第一選択とする取り決めとなっており、交渉のタイミングも統一されていなかったが、今後は全ての開発品について、一律に早期POC段階でロシュへ導出を打診する枠組みへ移行する。

 両社は2001年に戦略的アライアンスの基本契約を締結し、お互いの創製品を優先的に獲得できる権利を持つ。中外はアバスチン、パージェタ、カドサイラなどを導入して国内癌領域でのポジションを強固にした。ロシュはブロックバスター級の国産初抗体医薬であるアクテムラや、大型化が期待できるALK阻害剤のアレセンサを導入した実績がある。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録