18~20日に第45回国際シンポジウム「がん免疫療法の近年の進歩」 高松宮妃癌研究基金

2014年11月7日 (金)

 高松宮妃癌研究基金=第45回国際シンポジウム「がん免疫療法の近年の進歩」を18~20日、東京丸の内のパレスホテル東京で開く。組織委員長の坂口志文氏(大阪大学)は「ここ10年、免疫療法の進歩は目覚ましく、ヒトへの有効性が世界的に認知され始めた今、その臨床応用を検討したい」とした。

 シンポジウムは、▽腫瘍免疫微小研究▽免疫制御▽がん免疫化学療法▽免疫チェックポイント▽抗体療法▽がんワクチン▽T細胞療法――7領域について、国内外30人の研究者が新たなエビデンスをもとに、臨床応用の可能性を討議する。

 具体的には、免疫反応を制御する「免疫チェックポイント阻害」研究のパイオニアであるJames.P.Allison氏や、反応抑制に特化したリンパ球「制御性T型細胞」のメカニズムを研究する西川博嘉氏(大阪大学)などが講演する。

 問い合わせは先は同基金(TEL03・3441・0111)




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

研修会 セミナー 催し物 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録