HOME > 無季言 ∨ 

紙と鉛筆の最後の時代に

2014年11月14日 (金)

◆今月8日にアメリカ・ロサンゼルスの映画の聖地であるハリウッドで、世界的なアニメーション映画クリエイターの宮崎駿氏が、「アカデミー名誉賞」を受賞した。同賞を受賞するのは日本人としては黒澤明監督以来2人目となった
◆黒澤監督が世界中の映画関係者に与えた影響は言わずもがなで、この巨匠と同列にアニメーターが位置づけられたことは驚くと共に、作品への姿勢と内容、そしてトップの興業実績を知れば納得もしてしまう
◆興味深かったのは受賞後の会見で、「幸運だったのは、紙と鉛筆とフィルムの最後の時代の50年につきあえたこと」と発言したこと。また「仕事に携わった50年間に日本が戦争をしなかったこと」とも
◆われわれも、原稿用紙に記事を書き、職人が活字を一文字ずつ拾って組んでいた最後の世代だった。IT化が急に進み、スピードと便利さを享受した反面、失ったモノも多いと感じている。人が繊細な手作業をしなくなったら、人類ではなくなるような恐怖感すら覚える。時代の流れにはあらがえないのだろうが。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録