HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

肺炎球菌ワクチン、製剤選び違いで注意喚起‐接種対象の年齢知らず

2014年12月17日 (水)

 日本医療機能評価機構は、肺炎球菌ワクチンを接種する時に、対象者の年齢が決められていることを知らず、製剤の選択を間違えて接種した事例を15日付の「医療安全情報」で報告し、関係者に注意喚起した。

 肺炎球菌ワクチンを接種する時に、対象者の年齢が決められていることを知らず、製剤の選択を間違えて接種した事例は2件。

 具体的には、0歳2カ月の患児の母親からヒブワクチン、肺炎球菌ワクチンの同時接種希望の予約を受けた外来看護師が、接種対象年齢によって肺炎球菌ワクチンに種類があることを知らず、薬剤科にワクチンを申し込み、担当薬剤師も接種年齢の区別があることを知らず、業者に「肺炎球菌ワクチン」と発注した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録