HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【GSK】プレパンデミックワクチン‐北米で臨床試験開始

2007年8月17日 (金)

 英グラクソ・スミスクライン(GSK)は、効果を増強する同社独自のアジュバント(免疫増強剤)を添加したH5N1型インフルエンザワクチンの臨床試験を北米地域で行うことになった。流行初期に投与し、被害を広がらないようにする「プレパンデミックワクチン」と呼ばれるもので、北米地域では最初の臨床試験となる。

 これは、米国保健社会福祉省(HHS)などとの間で、パンデミック発生から6カ月以内に、1億5000万接種分のワクチン生産を行うという契約に基づいて行われるもの。

 ワクチンは、H5N1型インフルエンザウイルスのウイルス粒子を分解して得た抗原成分で、HAタンパクを主成分とする「スプリット抗原」を使用したもの。1月に欧州で承認申請している。日本での開発は未定。

 臨床試験は、米国の七つの州とカナダの二つの州で、18067歳までの675人を対象にPI/IIを行う。H5N1型のウイルス抗原のみを含有したワクチンと、GSKのアジュバントを添加したワクチンについて、安全性と有効性を検証する。

 今年後半には約4400人を対象にしたPIIIへ移行する計画だ。申請予定時期は開示していない。

 欧州で行われた臨床試験結果では、H5N1型ウイルスの変異株に対しても有効性を示したという。

 GSKのインフルエンザ領域臨床開発部門のバイス・プレジデントであるリプリー・バロウ氏は、「北米地域でのこの臨床試験プログラムのゴールは、GSKの第2のH5N1型ワクチン生産拠点を確立し、より一層、政府のパンデミック対策への支援を強化することにある。これら臨床試験の開始は、2005年に20億ドルを投資して築いた北米地域における新しいインフルエンザワクチンの生産拠点の重要性を強調するものだ」としている。今回のワクチンは、カナダのケベック州にあるGSKのワクチン生産拠点で生産されることになっている。

 一方で同社は、米国でのインフルエンザの大流行対策として、HHSから2250万回分のH5N1型インフルエンザ抗原の注文を受けた。前回11月に受注した500万回分に追加するもの。HHSにはプレパンデミックワクチンと共に、同社のアジュバントを購入するオプションが供与されている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録