HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

後発品の経済効果‐大洋薬品工業1社で586億円

2007年8月20日 (月)

 大洋薬品工業は2006年度に同社が販売した後発品が薬価換算で、同数量を先発品の薬価に置き換えた場合と比較し、総額で586億円の薬剤費抑制効果が示されたとの試算を発表した。

 06年度の同社後発品467品目の販売金額は薬価換算で471億円で、これを先発品の薬価換算すると1057億円となり、後発品使用による薬剤費削減効果が同社1社だけでも年間586億円となったとしている。

 削減効果の剤形別内訳として、内服薬297品目428億円(先発品薬価換算で56・5%)、注射剤123品目で144億円(同52・9%)、外用剤47品目で14億円(同51・7%)と試算。政府方針である2012年までの数量ベース30%の引き上げが達成されれば、単純に同社1社で現在の約2倍の1200億円医療経済効果をもたらすとしている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録