HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

予防・早期発見を保険適用に‐在日米国商工会議所が政府に意見書

2007年8月24日 (金)

 在日米国商工会議所(ACCJ)は23日、病気の予防、早期発見・診断に推進するため「最新の薬剤や医療技術、サービスを患者にとって利用しやすいものにすること」と日本政府に対応を求める意見書を発表した。病気の予防、早期発見・診断は、患者の生活の質を改善するだけでなく、医療費の削減にもつながることを強調している。意見書は既に内閣府と厚生労働省に提出したという。

 意見書では、「症状が現れる前の検診は診療報酬の対象とになっていないのが現状である。また、ワクチンのような直接的な予防措置や、肥満などの深刻な健康リスク要員の解消も、現在の健康保険制度ではカバーされていない」と、日本では病気の予防や早期発見に資する技術が使いづらい状況にあることを指摘し、改善を求めた。ACCJは、ただちに保険適用を求めるものではないとしている。

 また、新健康フロンティア戦略、がん対策推進基本計画は、ACCJの取り組む方向と合致するとして歓迎すると表明した。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録