閉経後乳癌治療薬「フェマーラ錠2.5mg」 ノバルティスファーマ、中外製薬

2006年5月17日 (水)

 ノバルティスファーマと中外製薬は11日、閉経後乳癌治療薬「フェマーラ錠2・5mg」(一般名:レトロゾール)を発売した。乳癌の原因となるエストロゲンを合成するアロマターゼの働きを阻害することで、作用を発揮するとされている。手術の実施が困難な進行性、再発性閉経後乳癌、手術後の再発防止のための補助療法などに使用できる。

 同剤は両社が同一製品名で共同販売する。薬価は1錠687・50円。1錠を1日1回投与する。

 国内治験では、抗エストロゲン剤の治療歴がある閉経後乳癌患者で29・0%、抗エストロゲン剤による治療が無効となった患者で21・0%の奏効率を示した。

ノバルティス「フェマーラ錠2・5mg」 ノバルティス「フェマーラ錠2・5mg」
中外の「フェマーラ錠2・5mg」 中外の「フェマーラ錠2・5mg」

 副作用は、41%に認められた。主なものとして、ほてり(発現率6・6%)や頭痛(3・1%)、関節痛(2・8%)など。臨床検査値異常では、血中コレステロールの増加(8・3%)、ALT増加(7・9%)、γGTP増加(6・6%)などが発現した。ノバルティスによると、同剤は選択性が高いため、副作用の発現が少ないと説明している。

 売り上げ目標として初年度に両社で3億2000万円、ピーク時の2011年には86億4000万円を見込む。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録