HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【第一三共】米営業部門の人員数半減へ‐今年度内に最大1200人削減

2015年10月22日 (木)

 第一三共は、米国での営業体制に関して、2000人強に上る営業部門の人員数を今年度中をメドに半減させる計画を発表した。来年10月にも特許切れを控える主力の降圧剤「オルメサルタン」などプライマリケア領域を主体とした製品から、「疼痛」「癌」「循環代謝」など専門性の高い領域へのシフトを図るのが目的。人員削減数は1000~1200人で、今後組織体制も検討していく方針。

 同社の中期経営計画では、主要製品であるオルメサルタンの特許切れの克服が重要課題となっている。製品構成も変化しており、2月から抗凝固薬「サベイサ」(一般名:エドキサバン)を発売し、4月には英アストラゼネカとオピオイド誘発性便秘治療薬「モバンティック」(一般名:ナロキセゴール)の共同販促を開始した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録