HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

製薬各社、“地域”に照準‐営業拠点縮小の動きも

2015年10月29日 (木)

 4月に地域医療構想が策定されたのを受け、製薬企業では地域軸の営業体制に見直す動きが見られるようになっている。今年に入り協和発酵キリンと第一三共が営業所の統廃合を発表したほか、アステラス製薬ではMRの機能を製品別担当制から、「1医療機関を担当し、全ての製品に関する情報提供」を行う体制に変更した。地域特性に応じたきめ細かな情報提供が求められる中、各社で営業体制の再編が進んでいる。

 MR認定センターがまとめた「2015年版MR白書」では、MR総数が前年から1000人以上減少し、6万5000人を割り込んだ。大型製品が減少し、MR1人当たりの生産性が求められるようになり、営業資源の再配分が喫緊の課題となっている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録