HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【OTC薬協】スイッチOTC薬控除、新税制は大きな意義

2016年2月3日 (水)

中央が杉本会長、左が上原副会長

中央が杉本会長、左が上原副会長

 日本OTC医薬品協会は、2016年度の重点活動項目に「セルフメディケーション推進税制への対応」を掲げている。1月27日の新年記者会見で、杉本雅史会長(武田薬品)と上原明副会長(大正製薬ホールディングス)が「セルフメディケーション(自主服薬)の推進のためのスイッチOTC薬控除(医療費控除の特例)の創設」にそれぞれ言及、「非常に大きな一歩」(杉本会長)、「新税制が創設された意義は非常に大きい」(上原副会長)などと語った。

 スイッチOTC薬控除は、「適切な健康管理のもとで医療用医薬品の代替を進める観点から、健康の維持増進および疾病の予防への取り組みとして一定の取り組みを行う個人が、17年1月1日から21年12月31日までの間に、いわゆるスイッチOTC薬の購入費用を年間1.2万円を超えて支払った場合、その購入費用(年間10万円を限度)のうち1.2万円を超える額を所得控除する」というもの。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録