HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【九州山口薬学会】各病院に広がるPBPM‐効率的で質の高い医療に貢献

2016年3月3日 (木)

九州山口薬学会のシンポで報告

各病院の薬剤師がPBPMの実践事例を紹介した

各病院の薬剤師がPBPMの実践事例を紹介した

 プロトコールに基づく薬物治療管理(PBPM)を実践する病院が増えている。2月27、28日に福岡市内で開かれた九州山口薬学会ファーマシューティカルケアシンポジウムで各病院の薬剤師は、PBPMの実践事例を報告した。薬学的評価を行った上で医師の定期処方入力を薬剤師が支援するなど、事前に作成したプロトコールに基づく医師と薬剤師の協働は、効率的で質の高い薬物療法につながっていることが示された。

 飯塚病院薬剤部の進健司氏は、精神科病棟における処方入力支援業務を紹介した。これは、医師の依頼を受けた病棟担当薬剤師が、[1]入院後医師が処方入力した臨時及び定期薬のDo処方[2]継続処方の不足分の処方[3]医師の指示に基づく頓服薬のDo処方――などのオーダを入力するもの。医師はそのオーダを確認して承認したり、必要に応じて変更したりする。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録