HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大塚製薬】米バイオ企業「PDLバイオファーマ」と事業譲渡契約‐癌領域をグローバル展開

2007年12月19日 (水)

関連検索: 大塚製薬 造血幹細胞移植

 大塚製薬は18日、米バイオ企業「PDLバイオファーマ」から、造血幹細胞移植前治療薬「IVブスルフェクス」に関する事業を買収したと発表した。買収額は約220億円で、同社はPDLバイオファーマが所有するIVブスルフェクスに関する全事業の権利を継承し、癌領域に本格参入していく。

 IVブスルフェクスは、血液癌の造血幹細胞移植前に投与する強力な化学療法剤。慢性骨髄性白血病(CML)の治療薬として承認されているが、造血幹細胞移植前の前治療として大量投与も行われている。

 現在、IVブスルフェクスはPDLバイオファーマが米国、カナダにおける販売を手がけており、その他地域ではライセンス契約を締結したパートナー企業を通じて世界40カ国以上で販売している。

 大塚製薬は、買収手続きを完了させた後、北米では米国子会社「大塚アメリカファーマシューティカル」を通じて、IVブスルフェクスの販売を行っていく。

 一方、欧州、南米、オーストラリア、日本を含むアジア地域では、継続してPDLバイオファーマのパートナー企業がIVブスルフェクスの販売を行うことになっている。

 また、CML以外の血液癌への造血幹細胞移植前治療の適応拡大に向けては、米国子会社「大塚ファーマシューティカル・ディベロップメント・コマーシャリゼーション」を通じて、臨床試験を実施する予定にしている。

 今回の買収は、同社にとって癌領域への本格参入を果たすもので、今後さらなる癌領域のグローバル展開を加速させていく考えだ。

関連リンク

関連検索: 大塚製薬 造血幹細胞移植




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録