HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【慶大/精神神経センター】クローン病で医師治験開始‐糖脂質の免疫修飾薬を投与

2016年9月27日 (火)

 慶應義塾大学医学部と国立精神・神経医療研究センターのグループは、今月からクローン病治療薬「OCH-NCNP1」の医師主導治験を開始した。同センター神経研究所の山村隆免疫研究部長らが見出したNKT細胞に刺激活性を持つ糖脂質医薬について、軽症から中等症のクローン病患者に約6週間投与し、有効性と安全性を確認する。

 下痢や腹痛などの消化器症状の再発、回復を繰り返す難病であるクローン病の治療として、5-アミノサリチル酸製剤、抗菌薬などによる薬物療法が行われているが、副作用により長期的な治療効果が発揮されにくいのが現状。画期的な抗体医薬である抗TNFα製剤も、効果が得られなかったり、減弱する患者が見られていた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録