HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【臨床薬理学会学術総会】薬剤適正化の余地大きい‐多剤併用の実態を報告

2016年12月8日 (木)

臨床薬理学会学術総会

 多剤併用(ポリファーマシー)を適正化するためのポイントが1~3日、米子市で開かれた日本臨床薬理学会学術総会のシンポジウムで討議された。登壇した各演者は、処方が見直されることなく漫然とした投与が続いていたり、エビデンスが十分でないのに投与されていたりするなど、薬剤適正化の余地は大きいことを指摘。慢性透析患者に対する多剤併用の実態や、ポリファーマシー外来を開設した事例などを提示した。

 笠岡第一病院内科の医師、原田和博氏は、同院に通院する慢性透析患者を対象に服用薬剤数を調べた結果を発表した。203人中183人が回答。服用している薬剤数は平均9.1剤、錠剤数は平均16.9錠だった。薬効別では降圧薬、胃薬、リン吸着薬、ビタミンD、抗血小板薬などの順に服用する患者が多かった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録