HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本メジフィジックス】PET製剤の品揃え拡充‐診断から治療薬開発支援へ

2016年12月8日 (木)

 放射線医薬品最大手の日本メジフィジックスは、PET診断薬事業の強化に乗り出す。昨年7月には群馬に北関東ラボを稼働し、半減期がわずか2時間と短いPET製剤「FDG」(フルデオキシグルコース)に関して、沖縄を除く全都道府県への配送体制を整備した。10月に「SPECT事業部」と「PET事業部」を新設し、核医学技術を治療と診断で応用すべく、治療薬メーカーや大学との外部連携も開始した。下田尚志社長は、本紙の取材に対し、「核医学技術を使ったビジネスの可能性は広がっている」と強調。あらゆるモノがインターネットにつながるIoTや人工知能(AI)を活用した診断法開発など新規事業も視界にとらえる。

 同社は、1973年に設立し、住友化学とGEヘルスケアがそれぞれ50%の株式を保有。2015年の売上高は323億円と国内放射性医薬品市場で7割弱のシェアを握るリーディングカンパニーだ。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録