HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】キイトルーダで最適指針案‐薬価収載時期に留意事項

2017年1月27日 (金)

 厚生労働省は25日、MSDの抗癌剤「キイトルーダ」の最適使用推進ガイドライン案を中央社会保険医療協議会総会に提示した。指針案は、高額で新規の作用機序を有する薬剤が登場していることを踏まえ、適正使用や医療費抑制につなげることを目的としたもの。厚労省は昨年12月14日の中医協総会に、小野薬品の抗癌剤「オプジーボ」の最適使用指針を示している。

 キイトルーダは、オプジーボと同じ免疫チェックポイント阻害薬であるため、施設要件について、オプジーボと同様に、国のがん診療連携拠点などで2年以上の臨床腫瘍学研修を行った専門医による使用や、院内に医薬品情報を管理する薬剤師などの専任者が配置されていることなどを示した。

 オプジーボと異なるのは投与の対象となる患者だ。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録