イソプロピルアンチピリン配合「パイロンハイ」、総合かぜ薬発売 塩野義製薬

2008年1月30日 (水)

 塩野義製薬は2月19日から、総合かぜ薬「パイロンハイ」を新発売する。「パイロンハイ」は、解熱鎮痛成分のイソプロピルアンチピリン(IPA)とアセトアミノフェンに加えて、生薬成分としてカンゾウとオウヒが配合されている。

 IPAはピリン系成分で、同社では医療用解熱鎮痛剤やOTC解熱鎮痛薬のセデス・ハイの主薬成分として使用している。このIPAとアセトアミノフェンが、視床下部にある熱中枢に直接作用して、熱放散を促し、解熱効果を発揮する。また、生薬成分のカンゾウは喉の炎症を抑え、オウヒは痰を出しやすくする作用を示す。

 IPAと生薬を配合した「パイロンハイ」は、かぜの諸症状の中でも特に、発熱、せき、痰、頭痛、喉の痛みの症状緩和に重点を置いた総合かぜ薬となっている。

 価格は、27錠入り1480円、45錠入り1980円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録