HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

製薬4社、医療薬の共同物流‐まずは北海道でトライアル

2017年2月28日 (火)

18年に物流センターを稼働

 アステラス製薬、武田薬品、武田テバファーマ、武田テバ薬品は、北海道札幌市に医療用医薬品の共同保管・共同輸送を行える物流センターの設立に関する基本合意書を締結した。地震や風水害等の自然災害時における医療用医薬品の安定供給体制を確保するため、4社が協力して北海道での共同保管と共同輸送体制を構築し、2018年3月までに共同物流センターの稼働開始を目指す。

 医薬品の物流体制をめぐっては、11年に起きた東日本大震災で、車の渋滞など医薬品配送に大きな問題が生じた。非常時の安定供給への対応が喫緊の課題となるほか、さらに近年、医薬品の保管・配送で厳格な温度管理が求められる欧州GDPを考慮した品質確保や、トラックドライバーの不足、安全運行への取り組みなども流通上の課題に挙げられ、業界全体で医薬品の共同保管・共同輸送の必要性が指摘されている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録