HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【医療機能情報提供制度】専門性を広告できる職種を拡大

2008年2月8日 (金)

関連検索: 広告 厚生労働省 医療法

 厚生労働省は、医療機関のサービス内容を、都道府県がインターネットなどを通じて公表する医療機能情報提供制度で、広告できる専門医の規定を緩和することになった。現行は医師に限り具体的な専門医名を列挙し、限定しているが、今後は薬剤師も対象となり、専門性も限定しない形にする。4月から実施する方針。

 これは、2006年の医療法改正で、医療広告規制が緩和され、専門資格の対象を医師・歯科医師に限らず、それ以外の医療職種にも拡大されたことに合わせた対応。

 情報提供制度が規定されている医療法施行規則を改正し、「医師、歯科医師、薬剤師、看護師その他の医療従事者の専門性を有する者」と、専門性を広告できる職種を拡大する。

 また、都道府県に報告する専門医などの専門性は、個別に列挙されたものではなく、「医療広告における厚生労働大臣に届け出を行った団体により医療従事者の専門性について認定を受けた者」と、現行規定を緩和する。

 改正案は、同省医政局が6日の「医療情報の提供のあり方等に関する検討会」に提示し、了承された。今後省令改正をし、一定の経過措置期間を設けた上で4月に施行する方針。

関連リンク

関連検索: 広告 厚生労働省 医療法




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録