HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【アストラゼネカ日本法人】日本、数量ベースで8%増‐期待の開発品は「オラパリブ」

2017年4月21日 (金)

フレドリクソン社長

フレドリクソン社長

 アストラゼネカ日本法人のデイヴィド・フレドリクソン社長は、18日に都内で記者会見し、IMSの売上ランキングで2012年の12位から6位に躍進した日本事業について、「大型プライマリケア製品の特許切れもあったが、重点領域で新薬を上市し、プライマリケアとスペシャリティケアのバランスが取れた製品ポートフォリオを実現している」と述べた。今後、日本市場が横ばいとの見通しがある中、「この5年で飛躍的に成長する。グローバルで売上500億ドルを達成するのに日本法人が主要な役割を担う」と意欲を示した。

 日本法人の2016年売上は、3%減の約21億ドル(約2280億円)。COPD治療薬「シムビコート」や抗癌剤「タグリッソ」、プロトンポンプ阻害剤「ネキシウム」などが拡大し、数量ベースで8%増となったが、薬価改定の影響で相殺された。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録