HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【弘前大病院薬剤部】抗癌剤を年3.8億円廃棄‐青森県内の病院調査で判明

2017年6月14日 (水)

DVO実施で廃棄減効果も

 青森県内の主要医療機関における注射用抗癌剤の廃棄額を算出したところ、1年間で総額約3億8000万円に上ることが、弘前大学病院薬剤部の調査で明らかになった。抗癌剤の廃棄額を削減するため、単回バイアルの複数回使用(DVO)を当日限りで導入した効果をシミュレーションした結果、半年で約1億9000万円の薬剤費削減につながり、廃棄額も約8000万円が削減されることが推計され、日本におけるDVO実施の有効性が考えられた。この結果を国の医療費に当てはめると、廃棄額は342億円に上る推計が得られた。

 同院では、高額な注射用抗癌剤の廃棄量が問題視されている中、青森県における廃棄の現状について調査を実施。それをもとに算出した廃棄量の削減に向けたシナリオを作成し、シミュレーションを行った。青森県の主要な医療機関11施設を対象に、昨年4~9月の半年間にわたって注射用抗癌剤の実施日、薬剤名、個人ごとの投与量を調べた。最小規格の薬価を内容量で割って1mg当たりの薬価を算出。その上で、廃棄量と薬価を乗じて廃棄額を算出した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録