HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品】PARP阻害薬「ニラパリブ」の独占的開発・販売権を獲得

2017年8月1日 (火)

 武田薬品は、米TESAROが保有し、4月から米国販売中のポリADPリボースポリメラーゼ(PARP)阻害薬「ニラパリブ(一般名)」に関する日本における全ての癌、韓国・台湾・ロシア・豪州における前立腺癌を除く全ての癌を対象とした独占的開発・販売権を獲得した。

 契約により、武田はTESAROに対し、契約一時金として1億ドル、開発や販売の達成に応じてマイルストンを最大で合計2億4000万ドル、売上に応じた二桁台のロイヤリティを支払う。武田が臨床開発を実施し、その費用を負担する。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録