HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬食審医薬品第二部会】オプジーボ、胃癌への適応拡大‐新薬など11件を審議・了承

2017年9月11日 (月)

 薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会は8日、メルクセローノの国内初となるメルケル細胞癌治療薬「バベンチオ点滴静注」、アッヴィ合同のC型肝炎治療薬「マヴィレット配合錠」、サンドの「リツキシマブ」のバイオ後続品、小野薬品の癌免疫療法薬「オプジーボ」の胃癌への適応拡大など11件の承認と一部変更承認申請を審議し、了承した。審議品目は次の通り。

 ▽シダキュアスギ花粉舌下錠2000JAU同スギ花粉舌下錠5000JAU(鳥居薬品):スギ花粉症の抗原に感作された患者に原因抗原を投与することにより、原因抗原に対するアレルギー症状の発現を抑制する減感作療法に用いる。

 2014年に承認された同社の「シダトレンスギ花粉舌下液」に比べ、1回当たりの投与成分量が多く、室温保存が可能などの特徴がある。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録