HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【富士通エフ・アイ・ピー】来年のGPSP省令改正‐岐路に立つ「ポストマネット」

2017年9月21日 (木)

“MID-NETとの共存”へ

 富士通エフ・アイ・ピーが提供する製薬企業の製造販売後調査(PMS)向けEDCシステムでトップシェアを走る「ポストマネット」は、来年4月に予定される「製造販売後調査及び試験の基準に関する省令」(GPSP省令)の改正をどう乗り越えるか――。PMSに必要な資料の収集や作成に国の医療情報データベース(MID-NET)を活用できるようになり、ポストマネットのビジネスにも大きな影響を及ぼす可能性もある。同製品が進むべき方向性、それは“MID-NETとの共存”という打開策だ。

 同社は、製薬企業向けソリューションとしてポストマネットのほか、安全性情報管理ソリューション「パーシヴ」や、PMSの進捗管理システム「ポストマウォッチ」、データセンター事業などを展開している。医薬品の製造販売後における安全性基準(GVP)、GPSPに準拠した症例対応を行う唯一のベンダーだ。主力のポストマネットは、PMS-EDC市場で約7割のシェアを占有し、ユーザー数55社、326調査での提供実績がある。PMSでEDCが普及されるようになり、実績を拡大してきた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録