HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【医療薬学会年会】地域のAMR対策、薬局が鍵‐抗菌薬適正使用で役割発揮を

2017年11月8日 (水)

医療薬学会年会で強調

シンポジウムの演者たち

シンポジウムの演者たち

 地域における薬剤耐性(AMR)対策をどのように推進するか――。3~5日の3日間、千葉市で開かれた日本医療薬学会年会のシンポジウムで講演した各演者は、医師や患者の抗菌薬使用の意識を変える役割を薬局薬剤師が担う重要性を強調。薬局薬剤師は病名や処方意図が分からないために疑義照会しづらいことや、病院では届出制が導入されている抗菌薬でも在宅医療現場ではその使用に制限がないことなど、AMR対策推進に向けて解決すべき課題を提示した。

 薬剤耐性菌の広がりを受けて世界的にAMR対策が重要視される中、日本でも昨年4月にAMR対策アクションプランが策定された。同プランは、病院内だけでなく地域でも広域経口抗菌薬の適正使用を推進するよう要請。こうした動きの一環として今年6月には「抗微生物薬適正使用の手引き」がまとめられ、急性気道感染症などには原則として抗菌薬の投与を行わないよう求めている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録