29日に研究公正シンポ 日本医療研究開発機構

2017年11月22日 (水)

 日本医療研究開発機構(AMED)は29日13時30分から、東京王子の北とぴあで、研究公正シンポジウム「RIOネットワークキックオフシンポジウム『考え、気づかせる』研究倫理教育」を開催する。これまでの研究倫理教育は、ガイドラインの解説や罰則の周知、過去の研究不正事例の紹介など、研究公正防止の関連知識を習得させる座学が中心だったが、研究者には法令やガイドラインなどの規範の趣旨を理解した上で、自律した判断が求められる場合が少なくない。こうした中、シンポジウムでは考え、気づかせる研究倫理教育が紹介される。参加費は無料だが、定員350人の事前登録制となる。

 シンポジウムでは、講演として、▽研究倫理をどのように教えるか「技術者倫理教育の視点から」(片倉啓雄・関西大学化学生命工学部教授)▽チュートリアル形式での研究倫理教育の試み(西川祐司・旭川医科大学教授)▽自然的な研究公正への意識付けをどう養うか―『健全な』研究公正の実現に向けて」(岡林浩嗣・筑波大学生命領域学祭研究センター講師)――のほか、フリーディスカッション『中堅研究者に「考え、気づかせる」にはどうしたらいいか』を行う。

 参加申し込みは、RIOネットワーク2017のホームページでできる。問い合わせ先は、研究公正シンポジウム事務局[TEL03-5362-0117]




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

研修会 セミナー 催し物 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録