【新製品】CDI再発抑制薬「ジーンプラバ点滴静注」発売 MSD

2017年12月20日 (水)

 MSDは、クロストリジウム・ディフィシル感染症(CDI)の再発抑制薬「ジーンプラバ点滴静注625mg」(一般名:ベズロトクスマブ)を新発売した。

 ジーンプラバは、クロストリジウム・ディフィシルから産生されるトキシンBに高親和性に結合し、トキシンBを中和するヒトモノクローナル抗体。細胞傷害作用を持つトキシンBを中和することで、腸管壁の傷害を抑え、抗菌薬治療期間中に単回投与することでCDIの再発を抑制する。

 CDIは、下痢や発熱、腹痛などの症状が表れ、偽膜性大腸炎や巨大結腸症を引き起こし、場合によっては致死的な重症に至る疾患。海外の報告によると、CDIを発症した患者のうち約25%が再発し、そのうち45~65%が2回目以降の再発を繰り返すといわれている。

 用法・用量は、通常、成人にはベズロトクスマブとして、10mg/kgを60分かけて単回点滴静注する。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録