HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【第一三共】「DS-8201」が全奏効率45%達成‐前治療後のHER2陽性胃癌

2018年1月25日 (木)

 第一三共は、HER2発現胃癌・胃食道接合部腺癌患者を対象とした抗HER2抗体薬物複合体(ADC)「DS-8201」の日米共同第I相試験の最新データについて、抗HER2抗体「トラスツズマブ」と化学療法による前治療を受けた患者44人に対する全奏効率が45.5%と高い有用性が示された。この結果は、米サンフランシスコで開催中の「米国臨床腫瘍学会消化器癌シンポジウム2018」で発表された。

 現在、HER2を標的としたトラスツズマブによる治療後に進行したHER2発現の再発・進行性胃癌に対し、標準的に使用されている抗HER2療法はない。今回の結果に関する有効性については、患者44人に対する「DS-8201」の病勢コントロール率は81.8%だった。トラスツズマブとイリノテカンによる前治療を受けた患者23人に対する全奏効率は43.5%、病勢コントロール率は82.6%となった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録