HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【米セルジーン】大型買収で大手の仲間入りか‐総額1.7兆円の可能性も

2018年1月26日 (金)

 米セルジーンは、血液癌でのトップ企業に向け、今月に入ってバイオベンチャーに対する大型買収を相次いで実行した。8日には今年半ばに米国申請を予定し、大型化を期待する骨線維症治療薬のJAK2阻害剤「フェドラチニブ」を持つ米インパクト・バイオメディスンズを総額70億ドルで、22日にはキメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)療法やT細胞療法を強みとする米ジュノ・セラピューティクスを総額90億ドルで買収すると発表。合計で160億ドル(約1兆7600億円)となる可能性もある。いずれも同社にとって過去最大級の買収額となっており、2020年には新薬売上を年200億ドル水準まで引き上げる。世界の製薬企業の中でも売上に対する研究開発費率が40%と突出する同社だが、積極的な他社買収に乗り出している。

 インパクト・バイオメディスンズは、フェドラチニブの開発を進めるバイオベンチャー。骨線維症を対象にプラセボと比較した第III相試験では有効性の主要評価項目を達成したほか、同適応症でノバルティスが販売するJAK1/2阻害薬「ジャカビ」(一般名:ルキソリチニブ)に抵抗性を示す患者を対象とした第II相試験も実施している。これらの試験データに基づき、今年半ばに承認申請する予定だ。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録