HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【奈良県薬事審議会】偽薬販売業者の改善内容、実地で確認‐漢方プロジェクトを推進

2018年2月20日 (火)

主要事業が報告された薬事審議会

主要事業が報告された薬事審議会

 奈良県は8日、2017年度の薬事審議会を開き、薬事業務概要報告のほか▽患者のための薬局ビジョン推進事業▽県内で発見されたC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品への対応▽漢方のメッカ推進プロジェクト――などの議題について審議した。

 ハーボニーの偽造品に関しては、患者に交付した薬局と運営企業に対し発出した改善命令に対して、実地で確認したことを報告した。

 管理者変更のほか、従来、薬局の許可範囲で行っていた分譲業務について新たに卸売販売業の許可を取得し、薬局とは別の管理者を設置し責任体制を明確化。また、商品管理も納入業者やロット番号を新たに管理するシステムの導入や仕入れ保管分譲、配送等について手順書を作成し、それに基づく業務が実施されている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録