HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【中医協総会】抗癌剤「ネクサバール」、出来高払い方式に

2008年4月24日 (木)

 23日の中央社会保険医療協議会総会では、新たに薬価収載された腎細胞癌に用いる抗癌剤「ネクサバール」(一般名:ソラフェニブ、バイエル薬品)について、薬価が高額であるため包括払い制度であるDPCで対応できないことから、当面は同剤にかかる費用は出来高払いによって算定することを決めた。

 同省によると、同剤を使わない場合の症例の薬剤費は36万7530円なのに対し、同剤を使った場合の見込み薬剤費は約63万4000円と高額になる。中医協では、一定以上の高額なものはDPCで定める点数でカバーできないため出来高算定とすることにしている。

 あくまでも暫定措置であるため、原則として次期診療報酬改定時でDPCに盛り込まれ、包括評価の扱いとなる。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録