HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【協和発酵】大腸癌治療用抗体で「アラーナ社」と共同研究開発契約

2008年4月25日 (金)

関連検索: 協和発酵 大腸癌 オーストラリア バイオ医薬品

 協和発酵は24日、オーストラリアのバイオ医薬品企業「アラーナセラピューティクス」と大腸癌治療用抗体「ART104」に関する共同研究開発契約を締結したと発表した。両社は、ART104に対し、協和発酵の高活性抗体作製技術「ポテリジェント」「コンプリジェント」を応用して効果を増強させ、共同開発を進める。早ければ2010年に臨床試験を開始し、15年の上市を予定している。

 今回の契約に伴い、協和発酵はアラーナ社に契約一時金として400万米ドル、開発の進捗に応じたマイルストーンとして400万米ドルを支払う。また、協和発酵は、日本・韓国・中国など、オーストラリアを除くアジアにおける独占的な開発・販売オプション権を保有することになり、アジア地域で製品販売を行った場合は、販売額に応じたロイヤルティをアラーナ社に支払う。一方、欧米におけるART104の権利は、協和発酵とアラーナ社の両社が共有する。

 アラーナ社が開発中のART104は、大腸癌細胞の抗原を特異的に認識する抗体。現在、非臨床試験が進められているが、両社はART104にポテリジェント、コンプリジェント技術を応用することで、早期のPOC確立を目指していく考え。

関連リンク

関連検索: 協和発酵 大腸癌 オーストラリア バイオ医薬品




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録