HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【GE薬・BS学会】バイオシミラー普及には国策不可欠‐処方した医療機関に加算を

2018年9月7日 (金)

制度の改善に向けて意見を交わす3氏

制度の改善に向けて意見を交わす3氏

 バイオシミラー(BS)の普及には国策の整備が不可欠という認識が、8月26日に京都市内で開催された日本ジェネリック医薬品・バイオシミラー学会の第12回学術大会で、関連する団体の有識者らの間で改めて確認された。BSを使用した医療機関に診療報酬を加算するなど、処方に利益が伴う制度を構築する必要があるという。

 超党派のバイオシミラー使用促進議員連盟で事務局長を務めた前衆議院議員の伊東信久氏(大阪大学国際医工情報センター招聘教授)は「BSの普及促進には国策の整備が必須」と強調した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録