HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【EFPIA Japan】加盟社半数が国内戦略変更‐「日本で開発する意味ない」

2018年11月13日 (火)

ベック会長

ベック会長

 欧州製薬団体連合会(EFPIA Japan)は、今年度からの薬価の抜本改革に伴い、加盟会社15社中14社が、新薬創出等加算(PMP)の対象から除外された成分を有し、「PMPの除外を受け、国内の開発戦略を見直しますか」という質問に対し、該当の14社のうち半数に当たる7社が「現行の国内開発戦略をすでに変更している」とするアンケート結果を発表し、各社で開発戦略の見直しを迫られている実態を明らかにした。オーレ・ムルスコウ・ベック会長(ノボノルディスクファーマ社長)は8日、都内で患者団体支援プログラム(PASE)の第2回助成金授与式後に会見を行い、「既に多くの企業において、化合物によっては、日本で開発する意味がなくなったのではないかと考えている」と警鐘を鳴らした。

 EFPIAの調査では、今年度のPMP見直しにより、EFPIA加盟社全体で65成分が対象から外れ、1社当たり平均4.6成分、最大11成分が外れた企業もあった。企業要件では、区分1が9社、区分2が5社、区分3が1社となり、5社中2社の割合で満額適用を受けられなかった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録