HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大塚製薬工場】大阪のバイオベンチャーと再生医療等製品を共同開発

2018年11月13日 (火)

 大塚製薬工場と大阪府を本社とする再生医療のバイオベンチャー「アディポ・メディカル・テクノロジー」(AMT)は、ヒト脂肪組織由来多系統前駆細胞(ADMPC)を用いた再生医療等製品の共同開発を開始した。心疾患領域での早期の国内承認を目指す。

 ADMPCは、藤田医科大学医学部の松山晃文教授とAMTが開発した脂肪組織から得られる様々な細胞に変化する能力が高い細胞。心筋細胞のほか神経系の細胞、肝臓の細胞などへも分化することが確認されている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録