HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【中国四国支部学術大会で報告】疑義照会簡素化で負担減‐所要時間の大幅な短縮を実証

2018年11月19日 (月)

薬学関係者や薬剤師ら約1300人が参加した中国四国支部学術大会

薬学関係者や薬剤師ら約1300人が参加した中国四国支部学術大会

 薬局薬剤師からの疑義照会を簡素化したり、医師に代わって病院薬剤師が回答したりするプロトコルや規約の導入によって、医療の効率化が実現する――。10、11日に米子市で開かれた日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会で、複数の病院がそんな検証結果を発表した。取り組み開始前に比べて開始後は、薬局に回答する時間が大幅に短くなったことを実証。患者の待ち時間短縮だけでなく、医師や薬剤師の業務負担軽減につながるという。

 吉備高原医療リハビリテーションセンター薬剤部の冨岡謙二氏は、疑義照会簡素化プロトコルと院内問い合わせ規約を併用した効果を発表した。

 同院は2017年10月から院外処方箋の発行を開始した。同時に疑義照会簡素化プロトコルを導入。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録