HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【要指導・一般薬部会】鼻過敏症治療薬「フルナーゼ」のスイッチ了承‐膣カンジダ治療薬も登場へ

2018年11月19日 (月)

 薬事・食品衛生審議会要指導・一般用医薬品部会は14日、グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパンが承認申請したフルチカゾンプロピオン酸エステルを有効成分とする鼻過敏症治療薬「フルナーゼ点鼻薬」(季節性アレルギー専用)、ロート製薬のイソコナゾール硝酸塩を有効成分とする抗真菌薬「メンソレータムフレディCC1」「メンソレータムフレディCC1A」を要指導医薬品として承認することを了承した。

 フルチカゾンプロピオン酸エステルを有効成分とする要指導薬は、医療用の「フルナーゼ点鼻液50μg56噴霧用」のスイッチOTC薬で、効能・効果は鼻づまり、鼻水(鼻汁過多)、くしゃみといった花粉による季節性アレルギー症状の緩和。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録