HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【臨床研究部会】臨床研究活性化策を議論‐CRCのキャリア整備要望

2018年12月7日 (金)

来年3月に中間まとめ

 厚生科学審議会臨床研究部会は5日、臨床研究・治験活性化の方向性について議論を開始した。「臨床研究・治験活性化5カ年計画2012」の総括を受け、積み残しの課題を改めて整理。人材確保と育成、小児疾患・難病等の開発が進みにくい分野の臨床研究の促進が不十分として、同部会として来年3月に一定の考え方を中間的にまとめる。この日の部会では、研究支援人材としてのCRCの定着に言及が相次ぎ、「CRCが活躍できる環境整備が必要」などの意見が出た。

 昨年10月の部会では、臨床研究・治験活性化5カ年計画2012を総括。同計画について活性化策の集大成と位置づけ、今後は随時検討していくことを確認した。ただ、現時点で国の活性化策が存在しないことから、改めて今後の臨床研究・治験活性化の方向性をまとめることにした。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録