HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】定期接種を3年間無料実施‐風疹で追加対策、来年4月から

2018年12月14日 (金)

 厚生労働省は11日、東京都など7都府県を中心に罹患者数が増加している風疹の追加対策として、抗体保有率が低い39~56歳の男性約1610万人を対象に、抗体検査とワクチン接種を3年間無料で実施する方針を発表した。夜間と休日にも検査・接種を受けられるよう体制を整備し、市町村が実施準備を進めた上で、来年4月からスタートする。2021年度末までに対象世代の抗体保有率を現在の約80%から90%以上に引き上げる狙いだ。

 厚労省が発表した追加対策では、1962年4月2日~79年4月1日までに生まれた39~56歳の男性約1610万人を対象に、市町村の医療機関が抗体検査を実施する。ワクチンを有効活用する観点から、検査で陰性反応が出た人にワクチン接種する。対象者の利便性向上を図るため、自営業者は特定健診、会社員は事業所健診でも抗体検査が受けられるようにした。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報