HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ファイザー】高血圧症治療薬を自主回収‐バルサルタンで発癌性物質を検出

2019年2月13日 (水)

 ファイザーは7日、高血圧症治療剤「アムバロ配合錠『ファイザー』」(一般名:バルサルタン/アムロジピンベシル酸塩配合錠)の自主回収(クラスI)を開始した。サルタン系医薬品の製造販売企業に対して、N-ニトロソジエチルアミン(NDEA)、N-ニトロソジメチルアミン(NDMA)に関する発癌性リスクの管理が求められる中、同社が製造販売する全てのバルサルタン原薬を調査したところ、海外原薬製造所で製造された原薬2バッチで発癌性リスクを否定できないNDEA、NDMAを検出したため。現段階では健康被害の報告はないという。

 今回、自主回収の対象製品となるのは、製造番号「X66074」「AF1679」「X66073」「X66072」「X62678」の5ロット。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報