HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】「ゾフルーザ」に出血症状‐抗インフル薬の添付文書改訂

2019年03月06日 (水)

 厚生労働省は1日、塩野義製薬の「バロキサビルマルボキシル」(販売名:ゾフルーザ錠10mg、同20mg、同顆粒2%分包)など抗インフルエンザウイルス剤2品目について、添付文書の「使用上の注意」を改訂するよう製造販売業者に指示した。

 バロキサビルマルボキシルでは、「重要な基本的注意」の項に、患者とその家族に対して出血症状が現れた場合に医師に連絡すること、投与数日後にも現れると説明することを追記する。また、「併用注意」を新設し、ワルファリンとの併用によりプロトロンビン時間が延長した報告があることから、併用時は患者の状態に注意すること、「重大な副作用」の項に出血を追記することとした。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報