HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ノボ】ベック社長「セマグルチドの経口剤、数年以内に上市目指す」

2019年04月19日 (金)

オーレ・ムルスコウ・ベック社長

オーレ・ムルスコウ・ベック社長

 ノボノルディスクファーマのオーレ・ムルスコウ・ベック社長は16日、都内で記者会見し、主力の糖尿病領域について、「インスリン市場が昨年に引き続き縮小し、厳しい市場環境になっている」と述べ、GLP-1製剤「セマグルチド」の改良製剤で成長を目指す方針だ。現在、セマグルチドの1日1回経口剤が申請準備中で、「今後数年以内に上市する」との計画を打ち出した。糖尿病以外では、肥満症を対象とした第III相試験を実施しており、セマグルチドの適応症を肥満症や非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)にも広げる。

 同社の2018年国内売上高は、糖尿病治療薬「ノボラピット」の特許切れや、基礎インスリン製剤「トレシーバ」と混合型インスリン製剤「ライゾデグ」が新薬創出等加算の対象外となったことにより、前年比5.3%減の873億円となった。売上の約6割を占める糖尿病領域では6%減となった。血友病、成長障害のバイオファーマ領域では5%減となった。

お詫びと訂正

 記事初出時、ノボノルディスクファーマの記事中、GLP-1製剤「セマグルチド」(製品名:ビクトーザ)とあったのは、GLP-1製剤「セマグルチド」の誤りでした。お詫びして訂正します。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報