HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【PMDA・藤原新理事長が初会見】アジアと規制共有に意欲‐「4つのF」で業務に邁進

2019年05月15日 (水)

藤原新理事長

 医薬品医療機器総合機構(PMDA)の藤原康弘理事長は13日、4月の就任後初めて記者会見し、新体制発足に当たって、国民が迅速に新技術にアクセスできるようにすることや薬事規制のノウハウをアジア各国と共有することなど「4つのF(ファースト)」といった方針を打ち出した。特に国際化の拡充に注力していきたい考え。今年度から第4期中期計画がスタートする中、藤原氏は「(近藤達也)前理事長が築いてきた伝統をもとに、4つのFを認識しながら業務に邁進していきたい」と抱負を語った。

 藤原氏は、新体制発足に当たって▽ペイシェントファースト▽アクセスファースト▽セーフティファースト▽アジアファースト――の「4つのF」方針を打ち出した。「ペイシェントファースト」については、これまで以上に患者第一に考えることを目指し、「アクセスファースト」については、新技術に国民が早くアクセスできるようにする。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報