HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本CRO協会】設立以来、初の減収に‐CSO業務分社化が影響

2019年05月23日 (木)

植松尚会長

植松尚会長

 日本CRO協会は20日、会員32社の2018年総売上が前年比1.2%減の1901億円となり、同協会が設立されて以来、初の減収になったと発表した。一部企業によるCSO業務などの分社化が影響した格好。今年は10.3%増の1979億円と再び増加となる見込み。会員社の総従業員数も128人減の1万7133人と初の減少となったが、今年は737人増の1万7870人に回復すると予想した。植松尚会長は都内で記者会見し、CRO事業がITなどの導入で治験業務の効率化が進み、「労働集約型から知識集約型に移行している」との認識を示した。

 領域別では、医薬品開発関連業務の売上が2.8%増の1740億円、医療機器開発関連業務が12.7%減の41億円となった。臨床研究業務は、臨床研究法が施行された影響もあり、12.6%増の41億円と二桁成長となった。医薬品、医療機器、食品関連、臨床研究の合計売上高は、2.6%増の1824億円となり、CSO業務等を含めた「その他業務」を除くと伸長した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報