HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【アステラス製薬】複合現実技術で服薬支援‐マイクロソフトと提携

2019年06月11日 (火)

複合現実技術で服薬支援

 アステラス製薬と日本マイクロソフトは、3D映像を現実世界に投映して目の前に実物を映し出したり、動かすことができる複合現実(Mixed Reality)技術を活用し、医師と患者のコミュニケーションや服薬アドヒアランス向上を支援するコンテンツを開発した。臓器や骨をリアルに表現した映像・画像により疾患への理解を深めるコンテンツとなっており、今年下半期から一部の医療機関への試験的な提供を行い、2020年以降に全国展開する。服薬アドヒアランスに課題がある骨粗鬆症を最初の対象疾患とし、他の疾患に広げる。機器は無償で医療機関に提供する計画だ。

 国内では医療機関を受診する外来患者の9割以上が医師から疾患や症状についての説明を受けているが、骨粗鬆症など一部の疾患では疾患や服薬に対する理解が不足しており、服薬アドヒアランスが低いことが報告されている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報